富士山と雲


wev view livescapeで最初に出会ったのが富士山でした。
何度か富士山サイトを訪れてライブカメラを操作していると、カメラの向きを変えるスクロールバーのボタンの位置が分かり短時間でお気に入りのアングルを決められるようになります。
アングルを決めたらレンズのズーム機能を最大にして山頂部を観察します。
新雪の後は雪煙が舞う様子や山頂部付近で発生する雲の動きを観察する事が出来ます。

左右二枚の写真は最大限にレンズをズームアップしてほんの少しだけ左に向きを変えて撮影したものです。
山頂付近で僅かに雲がわき出ているのが分かります。無風状態だったようで雲は流されることなくその場で留まっていましたがやがて消えてなくなりました。
右の写真の雲と左に僅かに写っている雲を見比べて下さい。
左は雲が消え去る直前です。
カメラの位置を決めたときにこの雲を発見しましたが、それから2〜3分で雲は消えてしまいました。
なかなかお目にかかれないラッキーな一枚です。(撮影日:2000.03.08)

 



次の一枚は上の二枚の写真を左右重ねて合成した物です。山頂部より僅かに左に寄った部分に重ねた線がかすかに分かります。








現在、伊豆半島から見る富士山のライブカメラは休止中ですが、7月14日からは富士山頂からのライブ映像が始まります。
どんな映像が見られるか楽しみです。雲海の様子やら美しい伊豆半島の海岸線、ひょっとしたらジャンボの映像が、、、、、

web view livescape 伊豆半島からの富士山