深川八幡祭り 富岡八幡宮例大祭



2000年2月3日 :名場面4点を追加しました。[ 1] [ 2 ] [ 3 ] [ 5]
写真のご提供は「東京原人 下町親爺」さんです。永代橋の夜景が素晴らしいPhoto Galleryへお寄り下さい。 

待ちに待った八幡様のお祭り。昨日の雨模様とはうって変わって上々の天気でした。
今年は三年に一度の本祭り8月13日〜15日の三日間の最後の日、深川っ子は居ても立ってもいられない一日 、街中がお祭り一色となります。 いつもはお供無しでは出掛けて来ない爺様や婆様もそそくさとやって来ました。首を長くしていた 私達家族も朝早く横浜を出発。




盛り塩を囲んで木遣りと一本締め、
神輿は盛り塩を踏んで一基一基差し上 げてお祓いを受け、54基の神輿が威勢良く繰り出していきます。
出発ならではの興奮が観衆を巻き込 む一瞬です。



神輿を先導する金棒引きの娘さん達




画像をクリック(^-^)

これが噂の佐賀町の水掛け!
掛ける方も掛けられる方も必死です。神輿は差し上げで防戦。どちらも譲りません。
最初の内は水を避ける担ぎ手も水の勢いと共に清々しい気持ちになってきます。
水掛けは辰巳芸者が担ぎ手の足下に水をかけたのが始まりと云われていますが、
そのうち勢いづいて神輿までかけるようになったそうです。
海に担ぎ入れ洗い清める「お清めの水」、神様が通る道に埃をたてない「打ち水」、
8キロもの長丁場を 練り歩くため日射病を防ぐための水などが水掛けの意味のようです。



宮前を朝の7時半に出発した神輿は、永代通りを東へ進み州崎の交差点から大門(おおもん)通りへと入り、江戸資料館通りで一休み。清洲橋を渡り、午後の新川から八幡様までの花道に備えます。
娘囃子を先頭に江戸消防記念会鳶頭の木遣り、神社の旗、宮総代、白馬の宮司、手古舞い、神輿とつづきます。



映画も決まってますが、やっぱり半纏姿がさまになる安岡力也さん。




手古舞い姿のお嬢さん。
ここが花道、木遣りを歌いながら華やかに神輿を先導します。




永代橋を差し上げたままで渡り、担ぎ手も緊張の面持ち。
これが深川のクライマックス!!
神輿も担ぎ手も光り輝く時です。





揉み上げから続くウルトラ技「舞上げの技」お見事です。
☆ひげ坊主さん、おめでとう(^-^)☆
来年もそして次の本祭りも担いで下さい(^^)/~



画像をクリック!名場面を。

腰を曲げながらやって来た爺様と婆様が喜んでくれた「差し上げ」
「ワッショイ」「ワッショイ」のかけ声が深川のかけ声、
「もぉーめー」のかけ声に続いて「さーせ」で 神輿を片手で差し上げ神輿を中心に右回りします。
放水も吾を忘れて中断。
リズムが揃って見物客も一体になり最高潮。



深川の手締めは一本締めにこだわっています。最近の一本締めは「ヨォ〜、シャン」で終わる場合 がありますが「ヨォ〜、シャンシャンシャン、シャンシャンシャン、シャンシャンシャン、ポン」 でないといけません。九つ叩いて「、」で「丸」にする。
祭りは木遣りが響くなか幹部総代たちの手締めではじまり、最後も木遣りと手古舞が八幡様へ到着 すると、総代の一本締めで終わります。到着した神輿は流れ解散して各町内へと戻っていきました。

同じ時期、臨海副都心の東京ビックサイトでは、期間中に40万人を集める人気イベントコミックマーケットを開催中。

深川は東京の中でも街が大きく変化したところです。 古くは遊郭、東京大空襲、ゼロメートル地帯そして木場があり一帯は工業地域でもありまし たが、今は下町の良さを残しつつ商業と住居の街になりました。「ワッショイ」の語源が「和を背負う」 とお聴きしましたが、益々この街が高らかに「ワッショイ!ワッショイ!!」であり続ける事を願いなが ら家路につきました。(990815)



深川祭りリンク集
萬游會 カボさんが発信されている、お祭り同好会「萬游會」のホームページ。お誕生まもなくから汰一君もワッショイ!(^-^)。都内・埼玉近辺のお祭りを中心としたレポートがとても魅力的です。一緒に神輿を担ぎませんか。
KUBOTA HOUSE よっし〜さんとひげ坊主さんのホームページ。ここを訪れると何処からともなくかけ声が聞こえてきそうです。
なみなみな なみなみちゃんの新宿、浅草、築地、浦和、北浦和、羽田、大宮、厚木、深川と続くレポートが祭り好きには応えられないサイトです。お絵かきも必見物!
深川八幡祭り 大和総研さんの、深川八幡祭りホームページ。深川祭りの魅力を存分に伝えてくれるお奨めのページです。
富岡八幡宮例大祭情報 unisysさん発する今年の祭り情報、祭りの背景や歴史を詳細に紹介しているページです。リンクをたどると平成の紋次郎さんにもお目通り叶います。☆総集編はこちらです☆
東京下町ナビゲーター the sanja 深川祭りの事なら先ずこのページを見て下さい。祭りと下町文化を克明に紹介しています。お祭り大好き!の掲示板は是非お寄りいただきたいサイトの一つです。
東京原人 下町親爺 深川っ子の粋が担いだ水掛祭り。水掛の写真は必見です、現代の下町風情に溢れる写真共々にお奨めです。
門前町 ネット界のお祭り広場と云ったところ、全国のお祭り情報が満載されたサイトです。
日本の祭り 日本各地の祭りと神社紹介のリンクがとても充実しているサイトです。






HOME