2002年 春 称名寺の櫻

撮影日 2002年3月24日






画像をクリックすると大きめの画像(640×480ピクセル)が開きます

称名寺  (横浜市金沢区
称名寺は金沢(かねざわ)北条氏一門の菩提寺で、本尊には木造弥勒菩薩立像(鎌倉時代、重要文化財)が安置されています。草創の時代は明らかではありませんが、金沢氏の祖である北条実時が六浦荘金沢の居館内に営んだ持仏堂から発したと推定され、正嘉二年(西暦1258年)ころ、実時の堂廊において仏法灌頂の儀式が持仏堂で行われ、現在実時の持仏と伝えられる阿弥陀三尊を安置したこのころに創建した寺といわれてます。
(出展:SEASIDE WAVE HOME PAGE  称名寺の歴史)


しだれ桜 < 三列二段目の画像 >
長光寺千葉県山武町) 身延山久遠寺(山梨県身延町) 長興山紹太寺神奈川県小田原市)等のしだれ桜が有名です。


源平桃(ゲンペイモモ) < 一列及び二列三段目の画像 >
バラ科 サクラ属 一本の木に白や赤、桃色の花びらを着けます。


ハナスオウ(花蘇芳) < 三列三段目の画像 >
マメ科 落葉低木 花期は4〜5月


ニリンソウ < 三列五段目の画像 >
キンポウゲ科。草丈20〜30cmで4〜6月にかけて咲き、一本の茎に二つの花を着けます。中には写真のように一本咲きや三本咲きも見られる可憐な花です。



RETURN  HOME