narcissus  水仙



スイセンは、最初に文学に登場した花と云われています。シェークスピアやワーズワースもスイセンの気高さを称えています。主に地中海を原産としますが、品種は多く英国王立園芸協会に登録された品種だけでも1万種以上です。
スイセンの花言葉は、「自己愛」。美少年ナルシスは、湖面に映った自分自身に恋をして、叶わぬ恋に命を絶ちます。その後に咲いたのがnarcissus。

ハルボコジューム





ラッパスイセンの原種が咲きました。
10月(98年)に球根を植えて12月30日に撮影。
黄色のバルボコは見かけますが白咲きはとても珍しい品 種です。
葉が松葉状で直径1.5cm長さが2.5cmの可憐なカップだ けの花です。
デジカメでの撮影ですが小さな二輪の花に松葉状の葉っぱですから焦点を合わせるのに時間がかかりました。バック黒はケントラシャ紙です。











八重咲き3種の寄せ植え

96年10月〜97年3月。八重咲きのダブルファッション・ホノルル・?の3種を素焼きの角鉢23cm角に10球植えました。



  スイセン5種

96年11月〜97年3月。直径47cmの素焼き鉢に5種のスイセンとムスカリの寄せ植えです。
白い花弁にピンクカップの「ロマンス」。白い八重咲きの「アクロポリス」。カップも黄色い房咲きの「マリネット」。白の房咲きにオレンジカップの「ゼラニュウム」。大きい黄色カップの「ライオネルリチャードソン」。一つの鉢に納めるには、勿体ないような素敵な名前が付いてます。5種が一斉に咲きそろうように陽の動きに合わせて鉢を移動させたり廻したりして育てました。鉢の後で寝そべっているのは、人気者のポコちゃん。98年の夏に15年の生涯を終えました。家族は勿論、見知らぬ人やワンちゃんにも優しいポコちゃんでした。可愛がってくれた皆様本当にありがとうございました。








Return