HOME GARDENING


妖精の棲み家


庭先で小さなハナミズキの赤い実を拾い、裏山と向かいの山(円海山)で秋を探してみました。


秋を探して
2000.10.14




円海山迄の旧街道沿いにて
円海山から一望する mm21




妖精の棲み家
2000.10.15



昨日はお目にかかれなかったどんぐりの実を林の奥深くで拾い、
かづらとカクレミノの枯れ木で「妖精の棲み家」を造って見ました。


画像をクリックすると大きめの画像がご覧頂けます。

これは全体の構成を決める為、集め
てきた材料で調子を見てみました。
かづらの組み方が決めてになります。
白い背景を黒のラシャ紙に変え、かづ
らの輪を起こし、床のケンパス布の前
面に拡がりを持たせます。
材料を並べてみます。
ケンパス布の前面にくぬぎの実とマテ
バシイの実、かづらに蔦とエビヅルを
絡ませます。
青緑のガラスの角花瓶にススキの葉と
しゅうめい菊を添えました。
かづらの背景に隠れ蓑の枯れ木を添え
てみました。

あっ!
いつの間にかどんぐりの妖精が顔を覗
かせています。
壁の白いポットにちょこんと腰をかけて
こちらをじっと伺っています。
どんぐりの妖精はこの棲み家が気に入っ
てくれたようです。
ちょこんとかづらに腰掛けて楽しそうに
してます。
やっとどんぐりの棲み家が完成です。
棲み家の構造は床がケンパス布、柱が
隠れ蓑、屋根と壁にかづら。
内装は五色かづらにエビヅル、ススキの
葉で造りました。
妖精が大好きなどんぐりの実をちりばめ
てしゅうめい菊の花と野いばらの赤い実
を添えてみました。
これで完成です。
青緑の四角い花瓶としゅうめい菊
黒の背景に蔦の赤茶色が栄えます

赤い野いばらの実とマテバシイの葉、
葡萄の葉に似たエビヅルと紅葉した
五色かづらの葉
まん丸いクヌギの実とマテバシイの実
色を添える五色かづらの葉
これから色づき出す庭先の蔦
ちょこんとかづらに腰をかけた
         どんぐりの妖精

どんぐりの実の近くまで降りてきて
可愛い姿を見せてくれた妖精。

何とも愛くるしいどんぐりの妖精
この子に名前をつけて下さい。




Return